お知らせ

リフトのセーフティーバー、                       ”も少しギリまで上げるの待って”もらえませんか?

スキー

コロナ禍でリフトに複数名乗車することが少なくなりましたが、 知らない人と乗り合わせたときに、いつも気を遣うのが”セーフテイバーのこと”。 このセーフテイバーをネタに、            ①セーフティバー、あなたは上げる or 上げない? ②セーフティバーを上げるタイミング 等、思うところを書いてみました。ぜひお読み頂き、よろしかったらコメントください。

セーフティバー、上げますか or 上げないですか

私は高所恐怖症なので、必ず下ろします。中には、地面から結構な高さにもかかわらず、バーを下ろさないで乗ってる人もいますが、すごい強心臓ですよね。羨ましいです。

なので、リフトで他の方と乗り合わせたときは、必ず一言、「バー下ろしていいですか?」と尋ねることにしています。嫌な顔されたことは一度もありません。有難い限りです。

セーフティバーがあると、やはり落ちる心配が減りますから安心度は増しますね(とは言え、バーがあっても高いところはコワイのは変わりません)

メリットがもうひとつ。バーがあると前かがみになって両肘をつけるので、大勢的にラクだったりするんですよ。この姿勢、すっごいラク。皆さんそんなことないでしょうか。

リフトから落ちる人って、いるの? 

それがいるようなんですよ。実際に落ちたシーンを目の当たりにしたことはないのですが、こちらの記事も参考にしてみてください。いろんな”落ち方”もあるみたいですよ。

また、リフトの地表からの高さについての基準(地表から4m等)もあったようですが、今はそれが緩和されたとも聞いています。(4mを超える場合は安全ネットを設けなければならない等々)。

私がそれ以上に気になるのが、「セーフティバーをあげるタイミング」なんです。次のブロック、ぜひ読んでいって頂けますか。

バーを上げるタイミング、も少しギリまで待ってもらえませんか?

というのも、バーを下ろすのは、皆さん快く応じて下さるのですが、バーを上げるときに、あまりに早く上げようとする方が多くてですね。高所恐怖症の身としては、かなりヒヤヒヤなのですよ。ときには”せめぎあい”になるんです。

リフト降り場が近づいてきますでしょ。すると、

『セーフティーバーを上げてください』 機械音声が流れてきます。

で、このアナウンスが結構な早い段階で流れてくるじゃありませんか。場合によってはまだ50mくらいあるのにですよ。いやいや待ってよ、まだ早いよ、まだ地面/雪面までこんなに高いんだし、、、

そう思うと、案の定セーフティバーに”上げの圧”を感じるのです。そう、同乗者が上げようとなさるんです。”いやいや待ってくださいよ、まだ早いですよ、まだ地面/雪面からこんなに高いんだし、まだ降り場までこんなに距離があるんだし、、と。

高所恐怖症の私としては、気づかぬフリして時間稼ぎするんですが、さらに”強い圧”がかかってきます。そこで ようやく気づいたふりして、ちんたら肘を離して、それでも手はしっかりとバーを握ったまま、ゆっくりとバーをあげる。 そうして少しでもリフト降り場まで近い位置まで粘るんです。 とっととバーをあげたい人と、ギリまでバーを握っていたい私とのせめぎあいなんです。

高所恐怖症じゃない方からしたら、トッとと上げたいのはごもっともなのですが、そこは勘弁頂けまっせんでしょうか。降り場の手前にきたら速やかにバー上げますので。も少しギリまで待って頂けると有難い次第です。

バーをギリまで上げなかったら、リフト係に怒鳴られた件(みなかみの某スキー場)

バー上げタイミングをギリまで待って欲しい旨は、スキー場の運営側にも申し上げたいのですよ。2022年の2月、リフト降り場の爺さんに怒鳴られましてね。みなかみ(群馬県)の、インターからほど近いスキー場の(ノルンではありません)、山頂近くのリフト降り場付近でのことです。

リフト降り場が近づいてきて、バー上げを知らせるアナウンスが流れてきました。例によって私、バーに手をかけ、ギリまで上げるタイミングを待っていたところ、降り場まであと5m、というところでリフトが急停車! 誰かが乗車位置で転んだりでもしたのかな、と思いきや、前方から凄い怒鳴り声が! 続いてリフト小屋から爺さんが飛びだしてくるじゃありませんか?

何? 何かあったの? あまりの怒鳴り声で言葉の中身が聞き取れません。でもどうやら爺さん、私をひどい形相で睨みつけてるじゃないですか。あれ、私に向かって言ってる? もしかしてバーを早く上げろってか?

暫くしてリフトは動き出したものの、爺さん、小屋に入ってからも私を睨みつけてました。でもね、そこまで怒鳴ることかね、睨みつけることか? だって、降り場までまだ5mくらいはあったし、脇見をしてたのではなくバーに手をかけて準備してたでしょ。

実際、バー上げアナウンスがあってすぐにバーを上げた子供がリフトから落ちた事例もあるわけですし。だから、バー上げのアナウンスのタイミングも、「ただアナウンスを早く流せばいいってものではない」と思うのです。特に最近の高速リフトは、降り場に入ってからスピードが落ちるので、立ち上がりポイントまで十分にバー上げ時間がとれるリフトが多いですのでね。スキー場の運営者様にも配慮頂けると嬉しいです。

リフトが高くて怖い、スキー場/リフト ベスト5 (関東近郊編)

最後に、リフトが地表/雪面から高くてコワイスキー場(リフト)をご紹介(?)させて頂きます。と言っても、だからどうなんだってことになるのですが。スキー場さんに苦情を申し上げたいわけではありません。単に、怖かった・・・と想い出を記してるだけだとご理解ください。

■リフトが高くて怖かったランキング

第一位:かぐらみつまた 「みつまた第二ロマンスリフト」

・地表からの高さは10m以上か?! 豪雪地帯だからもともと高く設置してあるのでしょうね。特に雪が減った春スキーシーズンに行くことが多いため、よりいっそう高さを感じます。                  ・しかもスピードも遅いから、高所で宙づりにあった気分。蛇の生殺しとはこのことか。

第二位:川場 「無名峰トリプルリフト」

・こちらも地表からの高さが10m近くある。そして、ゲレンデを横切るために、高さ以上に恐怖感があります。ゲレンデに沿って、コースの端に設置されたリフトならこれほどの恐怖は感じないでしょう。川場のリフトは、4本のリフトいずれも、ゲレンデを横切る配置になっています。だから、どのリフトでもゲレンデ通過ポイントに差し掛かると怖いです。

第三位:かぐらみつまた「みつまた第2高速リフト」

・すみません、またも「みつまた」です。スキー場を悪く言うつもりは微塵もありません、仕方ないですよね豪雪地帯ですから。

・それにしても、やはりこちらのリフトも地表から高い。特にリフト中盤から後半にかけて、迫りくる樹林の枝との距離も近く、その樹林の高さをあらためて感じることで恐怖感が増す感じです。この点、フードがあると多少は軽減されるのですが。

第4位:オグナ武尊 「旧:第4リフト」

・今では第4ペアリフトとなっていますが、以前 まだシングルだったころのリフト。       こちらは、「高さ × シングル × 低速」でトリプルで恐怖を味わさせて頂きました。忘れません。

第五位:奥利根スノーパーク「第1エリフト A線」

・最後の30m、林間連絡路の上部を横切るところ。高さは10mもないと思いますが、足の下を他のボーダーやスキーヤーが行き来している硬い斜面、そこに落ちたら・・・という恐怖感。私は目をつぶってやり過ごしました。ゲレンデDJを聞いて恐怖心を紛らわせられるのが救いでしょうか。

番外編:ウィスラー&ブロッコム(カナダ)

・リフト名は忘れました。上部の広大のゲレンデ内のシングルリフト。この高さはリフトじゃないだろ、ゴンドラの高さだろ、と言いたいくらいの、日本のリフトではありえない高さの空中を、なんとシングルリフトで運ばれた記憶があります。リフト設置基準も恐怖心もワールドクラス! 

・新婚旅行ついでに行きましたが、「新婚旅行の日本人、リフト落下で死亡」という見出しが、脳裏をよぎりました。

というわけで、全国の高所恐怖症じゃないスキーヤーの皆さん
セーフテーバーあげのタイミング、ギリになっても攻めないでください。
お読み頂き、有難うございました。

こちらの動画もご覧ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました